すばる日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リベンジ

「実写TF二作目、吹き替え版を観てきました。もう舞台設定の解説を省ける分、最初から飛ばしまくっていて、終始ニヤニヤしっぱなしでした。予備知識は玩具関連くらいだったので、余計にインパクトも大きかったのでしょうか。

 以下ネタバレありで。
 唐突に訪れる地球滅亡の危機、TFの追放を唱える人間、司令官の死と復活。と、よりトランスフォーマーらしいお話でした。

 前作では出てこなかったマトリクスが、ついに登場! と思いきや、壊されてしまって、あっれー!? まぁ、何だかんだで復活しそうではありますが。一般の人には、マトリクスと言われても、さっぱり分からないようなー。

 建設チームは合体チームと、個別で戦うのと別々、存在してるのが意外でした。巨大感に関しては、デモリッシャー単体の方が勝っていたように感じます。比較対象の問題でしょうか?

 玩具のデバステーターの股間にアレを付けるの禁止です。合間合間に下ネタを挟むのはベイのお家芸なのか、あっちの気質なのか。このケダモノめ!

 オプの戦闘中のセリフは、悪役っぽいですね。あれを聞いたら普通の人間はドン引きですよ、司令官! 一方のメガトロンさまは、すっかり中間管理職になってしまって、威厳も何もあったものじゃないです。
 人間側もTF対策を整えつつあるので、三作目はもう手に負えないような事態を期待したい所」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://subarudiary.blog39.fc2.com/tb.php/201-935d6558
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。