すばる日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DXソリッドドライバー

765AC
「新しいノートパソコンを買いました、と思わず言いたくなってしまう、この一品。

 ソリッドの存在自体は、フォンブレイバーの発売時から明らかになっていましたが、まさか本当に商品化されるとは。フォンブレイバーのパワーローダーとなるだけあって、サイズも大きく、モバイルPCと同じくらいでしょうか。

 IRコントロールでモーターユニットを遠隔操作することができるのですが、これがとても楽しいです。戦車のラジコンのような操作感に加え、ボタンを押すたびにセブンのセリフが再生される素敵機能付き。いちいち喋るので、やかましいくらいですが(笑)。一定のアクションに応じてセリフも変化するというのも、芸が細かいです。
 フォンブレイバーを載せた形態でなら問題なく動きますが、単体ロボ形態だと、ちょっと動きにくいような。

 さらに複数のブーストフォンと合体できたりと、遊びがいのある玩具ですね。自家製のエクセルがまだ残っているので、並べて写真を撮ってみましょうか」
スポンサーサイト

レスキューフォースDS

マックス三兄弟
レスキューフォースDSを購入して、即クリアしてしまいました。三時間くらい。
 操作はタッチペンのみで、ボタンは一切使用しないというDSでも珍しい(?)仕様。低年齢向けのゲームなので、直感的に操作できるようになっているのは評価できます。メッセージの早送りもあり、ストレスも感じません。

 ゲームとしての要素は微妙ですが、TV番組を意識した構成や、演出など、なりきり要素が強いのが特長でしょうか。
 レスキューコマンダーのデザインがDSそっくりなだけあって、カードをスラッシュさせるのも、なりきり度を高めてますね。スラッシュした時の画面効果も劇中と同様で、カッコイイです。

 キャラクターの決め台詞にはボイス有り。R1MAXや、レスキューマックスまでフォローと、いたれりつくせり。これで、もっとビークルの操縦感の味わえるミニゲームがあれば、文句なしの出来でした。

 特典のコアストライカーMAX・ファイヤーバージョンも、ヒロイックで素敵です。
 上の写真で青いのはノーマルバージョン。銀色のはテレビ愛知限定……と言いつつもアピタで流通しているものです。

コアスト
 個人的には、MAXじゃないコアストライカーの方が好みです。月末には、これにもう一台加わる予定……さすがに打ち止めですよね?」

Dカッツェ+ログアームズ・ネレウス

ネコメイド
「たまには直球でメイドさん。画像クリックで紹介ページを開きます。

 某所で流行しつつある『萌え獣人』というテーマを自分なりに考えて、形にしてみました。着衣はエプロンだけですが、毛皮があるから恥ずかしくないもん! ということでひとつ。
 メイドキャップも試行錯誤の末に、この形状に。ケモノのキバや、下あごをイメージ。

 カッツェはドイツ語で猫という意味。女商人しか連想できませんけれど。ネレウスは海の神様から。

 ネレウスは魚から砲台へ変形するだけの予定でしたが、ロボットモードを追加してみました。去年の戦隊ロボみたいな頭というか、メトロン星人のような。
 フィッシュモード時の胸ひれは後寄りすぎて、魚としては異形のスタイルですね」

にじいろキャラチェンジ

しゅごキャラ・にじいろキャラチェンジ、一周目クリア。もちろん、りま様エンドを迎えました。クリア特典の着せ替えアイテムを、あむちゃんに着せてニヤニヤとしてます。

 ゲームとしては女の子向けなので、ゆるめの難易度。
 会話イベントの数が少なく、また、同じイベントを繰り返し見なくてはならないのが辛いですね。イベントのスキップ機能でもあれば良かったのですが。好感度が上がっても、あまり変化がないのも寂しい所です。

 シナリオ自体は、ちゃんと原作を踏まえて書かれていて、ファンならばニヤリとするような場面もあり。これでもう少しボリュームがあれば、文句はなかったですね。

 お店の出入りにも行動回数がカウントされてしまうのもマイナス点。お店が三つあり、しかも曜日によって品揃えが変わるので、かなり不便に感じました。自由に出入りしても、ゲーム自体に影響は無さそうなんですがー。

 ミニゲームは前作よりも遊べるものが揃っていて、楽しめました。ゲーム内容とキャラクターのボイスが上手くかみ合っているのも良いポイント。
 青い子のリズムゲームは、しゅごキャラと全く関係のない曲が使われているのは、大人の事情でしょうか? せめて、ゲームの主題歌で遊ばせてくれれば……。

 一度、エンディングを迎えたものの歌唄や、なぎひこが登場していないので、まだまだやりこんでいきましょう」

惑星パトロール・特殊工兵ロボ

わはー
「スーパーアドベンチャーシリーズの食玩のレビューです。画像クリックでどうぞ。

 今でこそ300円の食玩も普通になりつつありますが、90年代前半でこの値段は高額だったことでしょう。現行商品のどうぶつブロックも300円ですが、ボリュームは段違いですね。これも時代の流れか……」

Dギラッフェ&トリックスター

きりん
「キリンロボです。画像クリックで紹介ページへどうぞ。

 名称は、giraffeのドイツ語読み。ジラフでも良かったんですが、響きが格好良いので、こちらで。本当にドイツ語は無駄にカッコイイなー。

 変形パターンは以前に組んだトンボロボのバリエーションに近いですね。足回りは、Dレオンを参考にしました。

 ロボ頭部は当初、極力シンプルにしてボディに格納する予定でしたが、あまりにも簡素すぎたので変更。そのせいで盾のど真ん中に穴が空いてしまいましたが。パーツ数は少ないながらも、キリンっぽい頭部に出来たので結果オーライでしょう。

 キリンモードの前足が短いのは、装飾で誤魔化しています。キリンの頭は、もう少し後寄りにしても良かったかも知れませんね。

 追加武器はちょっとしたオマケではありますが、良いアクセントになったのではないかと。微妙にビーストウォーズとネタが被ってる? あちらはペンギンでしたけれど。そんなところでひとつ」

にじいろキャラチェンジ

あむあむする!
「しゅごキャラのDSソフト第二弾と、その主題歌のCDが発売というわけで、自分的にはしゅごキャラ祭り絶賛開催中であります。
 パッケージのイラストはゲームが原作版、CDがアニメ版となっており、並べてみると対になるデザインだというのが分かります。メインカラーは前作が赤、今回が青ということは第三弾も期待できる……?

 写真左下のポストカードは、トイザラスでゲームを購入すると貰える特典なのですが、店員さんに説明するのが凄い恥ずかしかったです。しかも、このイラストむき出しで手渡されて、もう恥ずか死ぬかと。絵柄は、てまり好きの自分にはたまらないものがあります。あむちゃんも色っぽすぎる……。

 ゲームの方は本格的にギャルゲー的なシステムと言いますか、随分と『ときめきメモリアル』っぽい感じになりましたね。さすがはコナミか。
 OPや、キャラなりのムービーが入るなど、ビジュアル面がかなり強化されています。反面、BGMの一部は前作から流用していたりして、手抜きかな、と思ったり。
 1プレイあたりの所要時間は短そうなので、気軽に遊べそうなのは良いですね。最初は、りま様狙いでゴーであります」

うぃー

「さて、大分サボってしまいました。
 相変わらず、仕事の休みが週一ペースのため、時間の余裕が取れなくて、ぐんにょりであります。それでも、ブロックのネタは雑記帳に書きためているので、一応は活動中と言えるでしょうか。はたして全部、作るのに何年かかるやら。

 どうぶつブロックというフックトイを用いた組み替え作品を、50パターン以上作りましたが、さすがに全部出すわけにもいきませんよね、作業的な意味で。こちらも、ぼちぼちやっていきましょう。


 それはさておき、ついに任天堂のwiiを購入しました。主にルーンファクトリー・フロンティアのために!
 いまだにあまり安くはなっていませんが、休日を犠牲にして稼いだ資金があるので、思いきって買ってみました。コントローラーを活かしたソフトには正直、興味がないので本体だけ。

 ひとまず、バーチャルコンソールでFCの『ジョイメカファイト』、『メタルスレイダー・グローリー』、『エスパードリーム』を購入して、堪能しております。いずれもプレイしたかったゲームなので、嬉しい限り。これだけでもwiiを買った甲斐があるというものです。
 ソフトを買うために必要なポイントもオンラインで手に入れましたが、家庭用ゲーム機にクレジットカードの情報を入力して購入手続きをする、というのはビックリしますね。あまりに現実感がないので、少し怖くなりました。

 積んでるゲームの数が、いよいよバカにならなくなってきました。ブロックの製作と両立させるためには、時間の振り分けがシビアですね。それに加えて未読の本が、録りだめしたアニメが……ああ、休みをお金で買えないかしら、と詮無いことを思う今日この頃であります」

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。