すばる日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DX絢爛合身・ワイルドフルール

f_wild.jpg
「猪鹿蝶の三体合体ロボです。画像クリックでどーぞ。

 花札モチーフの合体ロボというのは、さすがに前例がない……はず(トランプはありましたが)。動物や昆虫を、それっぽく見せるのに苦労させられました。チョウはともかく、動物二体は可愛く出来たと思います。

 今回はいつもより合体ギミック重視で、可動はおざなり。仮にも女性型なのに、胸にイノシシ顔という取り合わせはどうなのか。もう少しイロモノ臭を出したかったところですが、まだまだ技術不足を感じます。

 ビーストの名前は、ロイヤルストレートフラッシュ+ドイツ語の動物名。ワイルドフルールは、ワイルドカード+花札の『花』の組み合わせ。フルール、パピヨンがフランス語と、無国籍なネーミングであります。ドイツ語で揃えるなら『ワイルドブルーメ』?

 設定面では敵組織の怪人は、さまざまな賭け事をモチーフしており、パチンコや競馬で対決→巨大ロボ戦になるとか。分の悪い賭けは嫌いじゃないぜ!ってなところでひとつ(何のセリフ?)」
スポンサーサイト

凛まお

rinmao.jpg
「コナミスタイルで注文したリペイントバージョンが、早くも到着。

 まおは期待通りの脳天気というか、おバカさ加減を遺憾なく発揮しており、妙なポーズを取らせていると和みます。

 一方の凛は、ちょっと怒った表情。見本の写真では優しいお姉さん風だったので、少し違和感を覚えます。でも、まおと並べると「このマジョーラバカ!」と叱っている様にも見え、これはこれで良い感じ。
 ただ、グローブに猫のプリントがあったり、しっぽに猫がぶらさがっていたりと、ハウリンらしさには、やや欠けるような気もします。ちなみにしっぽの猫は凸ジョイント付きで、好きなところに取り付けも出来るイカしたアイテム。

 オプションのブーツは、つま先を外して付け替えるのですが、今回まで脱着できる部分とは知りませんでした。まおの靴は底面積も広く、安定性も抜群。凛はハイヒールのブーツですが、それでも素体のつま先よりは安定しますね。

 前髪の仕様が、ノーマルバージョンと共通になっているのも嬉しいポイント。バイザー着用派も安心ですね!

 ひとまず、これで第八弾まで買う予定のものは無い……かな? 既存の神姫と絡めて、何かやってみたいところですが、はてさて」

犬猫リペイント

「武装神姫のハウリン、マオチャオのリペイントバージョンをコナミスタイルで注文完了。今日はお仕事が半日だけだったので、発売開始時刻には待機していたのですが。あまりの混雑ぶりに、注文を確定させるまでに三時間近くかかるという異常事態。いやはや。
 競争率が高そうで半ば諦めていたので、買えただけでも良しとしましょう。届くのが楽しみー」

お楽しみタイム

「22日から三日間、ちょっとした夏休みでした。特に予定がある訳でもなし、家に引き籠もって某アニメ全話鑑賞とか、ダメ人間ロードまっしぐら。せめて最後の一日くらい外に出ようぜ!
 ということでトランスフォーマーの吹き替え版を観て参りました。

 二回目ともなると細部まで見る余裕もあり、また、吹き替えのおかげで字幕を追う手間もないので、じっくり楽しめました。見落としていたシーンも大体確認(某ゲーム機の変形するシーンとか)。

 吹き替え版キャストは違和感なし。サムの父親がスパークプラグ父さんとそっくりの声でびっくりしたんですが、別の方らしく。多少は意識して配役してるんでしょうか? チョーさんも、はまり役でニヤニヤしてたり。

 しかし、何度見ても『本拠地』でのレノックス大尉の行動が突拍子なく見えます。現状を理解している人間だからこそ、とは思いますけれど、急すぎるな、と。まぁ、ひどく遠回りな親バカを発揮してる線もある訳ですガ。

 一つの映画を字幕と吹き替え、両方で見るのはこの作品が初めて。セリフの微妙なニュアンスの違いなども感じられ、なかなか面白い体験ができました。ソフト化も楽しみです」

叡智の光よ

opti.jpg
「初期不良のあったオプティマスプライム、お店で交換してもらい一安心。これで心置きなくガシガシ遊べます。

 店頭にて代替え品に不良がないか、箱から取り出して確認してくれたのですが、やはり簡単には取り出せません。店員さんも四苦八苦しながら開封して下さり、こちらとしても恐縮するばかり。でも、固定用の針金をカッターナイフで切るのは無茶ですよ。

 この司令官、電池ボックスが左右に分割されているのも、これまで見られなかった造りですね。従来なら電池ボックスのせいでプロポーションが崩れたりしてましたが、今回は違和感もなし。これだけ本体のサイズが大きければ、処理の仕方も色々あるでしょうけれど、それでも良い仕事をしてると思います。

 欲を言えば、武器パーツが充実していれば良かったですね。劇中で使っていたアレとか。まぁ、色々と持たせることの出来る手ですから、そこは工夫でカバーでしょうか。とりあえず、巨大カイザーソードを持たせておきますー」

バトルダメージ

「TFの新商品の発売日ということで、仕事帰りにトイザラスへ。すでにニューバンブルビーが売り切れてた辺り、映画の影響は大きいようで。

 結局、極小バンブルを貰うために司令官と腕時計ロボを購入したんですが、司令官の方でハズレを引いてしまいました。フロントグリルのつま先になる部分に接着剤がはみ出し、モールドがごっそり砕けてるという状態。まぁ、全体的に見れば小さな痛みなのですが。

 例によって箱はきれいに開けられず、すでに原形を留めておらず。お店で交換してもらうにも気が引けますね。うーん、ダメもとで持ち込んでみましょうか。

 変形は一通り弄ってみましたが、やはりオートモーフ機構が面白く。件のつま先部分の変形を意味無く繰り返してみたり。この動きが妙にアニメちっくで素敵です。

 腕時計ロボことミーンタイムは、デジカメロボ並みにポーズを決められて良いですね。足先部分が大きめなので、安定して自立できるのも良いところ。どことなくG1フレンジーっぽいような。

 小説版も読みはじめ、すっかりTF漬けの日々。二冊とも読み終わる頃に吹き替え版も観てきましょう」

バトルバス・バルバトス

bus.jpg
「馬場バス社製、バトルバスのバルバトスです。『バ』が多いなぁ。
 画像クリックで紹介ページへ。

 本当はもう一回り大きく、色々とギミックも盛り込む予定だったんですが、気力が伴わないのでコンパクトサイズにアレンジ。ビークル時の箱っぽさを重視して組んでみました。

 なお、ビークル時のイスを中央に一つだけ配置して、屋根を取り外せば、人形を乗せることも出来ます(写真、撮り忘れてました)」

ハッピータイム

「映画『トランスフォーマー』をレイトショーで観てきました。字幕版で。
 二時間を超える上映時間があっという間に過ぎてしまうくらい、とても楽しめました。
 どうやってこんな映像を作るのか、疑問に思うくらい迫力のシーンもあり。何がどう動いてるのか、さっぱり分からない精密な変形シーンあり。
 でも、一番面白いのはホームコメディしてる辺りですか。『何してるんですか司令官!』と心の内でツッコミ入れてました(笑)。

 すでに玩具で見知ったビークル類が登場すると、やはりニヤニヤしてしまいますね。

 残念なのはディセプティコンの連中の描写が薄いこと。ほとんどが敵役モンスター扱いで、人格を必要とされてないのが何とも。エイリアンらしいと言えば、らしいんですけどね。

 吹き替え版はそのうちテレビでやるから、と思ってましたが、この分だともう一度映画館に足を運ぶことになりそう。

 余談ですが、観客の中に外国人の男性の方がいらっしゃったんですが、どうも笑いのツボが違うようで。日本人には通じないジョークもあるんだよなぁ、と印象深い一コマでした(ちなみに『じぶんが~だったら?』の辺りとか)」

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。