すばる日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武装神姫用可変フレーム・狼姫

dog.jpg

「ハウリン用に作ったダイヤブロックのビークルです。画像クリックで紹介ページへ。

 思い付くままに作っていたら、自分の好きなメカを掛け合わせたようなモノになってました。名称はフィーリングで決定。
 ドロイド時のスタンドは後付けなので、どうにも一体感に欠けます、反省。

 武装神姫の素体は直接、ブロックで固定できないので、搭乗形態も限られてきますね。アムドライバーのバイザー風にするには、大変そう」

■世界樹の迷宮
「いよいよ、地下四階へ進もうという所まで到達。
 マッピングツール、拡大した状態でも座標をタッチすることでスクロールすることに、今更ながら気付きました。説明書くらい読めよ、自分ってなもんで、いやはや」
スポンサーサイト

Eフロッグ

frog.jpg
「紫色ブロック、二作目はカエルです。毒々しいです。画像クリックでどーぞ。

 カエルとしてのプロポーションは破綻しているものの、妙な愛嬌があって気に入ってます。口も胸の飾りを外せば、きちんと閉じます。

 アサルトモードは『どこのシャークトロン?』って感じですが、そういえば、アレも紫がメインカラーでしたね。あのグロ可愛いデザインには、到底かないません。


 気が付けば、このサイトも早、五周年となりました。五年も継続する趣味なんて、そうそうないと思います、私的には。
 ネタは貯まりすぎて消化不良状態なくらいなので、もう一年は戦えるでしょう。強気なんだか、弱気なんだか」

世界樹の迷宮
「特典付きのを予約して購入。ようやく地下二階に下りました。

 マッピングする甲斐性はないので、早々に自動塗り機能オンに。思っていたよりは描き込みやすいのですが、拡大箇所の切り替えが不便ですね。現在地を中心に再表示するか、画面タッチ状態+十字キーでスクロールとか出来れば良かったのに。

 最初のフロアだというのに、敵の攻撃で死にかけたりと、ややきつめの難易度。深層ではどうなるのか、ワクワクしますー」

ログアームズ・シームルグ

saint.jpg
「新年一作目はミニメカです。画像クリックで『ごーでち!』

 ジェット機からロボ、爪に変形するというコンセプトのTFがマイクロンにありましたので、それとはまったく違うパターンで製作。そもそも、バードモードは当初の予定になかった、副産物的な形態でした。

 ネタ的にはゴルディーマーグを意識していて、最初は片手だけ。後から『シームルグ隊、増やしちゃおうかな』ってなノリで、付け足されました。まぁ、結果オーライでしょうか。

 出来るだけコンパクトにまとめたものの、ポーズによってはタマちゃんが支えきれなくなるのがネックですね。タマちゃん自体は、しっぽが支えになってるので安定に問題はありません。

 本当はクリスマスに出す予定の作品だったので、その名残として寒いギャグが。機を逃すと出すに出せない、ってのは、ままあること。

 ログアームズシリーズとして、スバルさん用のものも企画してます。さすがに完全変形とはいきませんがー」

LEGO VAN-FORCE“雷電”

van01.jpg
「悩んだ末に買ってしまいました、エクソフォース三体セット。
 か、勘違いしないでよね!
 別にダイヤブロックが嫌いになった訳じゃないんだからっ!

 ツンデレ口調?はさておき、
 三体セットの特典として、このモデルを組み立てるためのヒント集が付いてきます。カラー写真で各部位に必要なパーツ一覧や、組み立てを数段階に分けて解説するもの。ある程度レゴに親しんだ人を対象にしているのか、ビギナーにはちょっと厳しい内容です。
 もっとも、食玩以外のレゴは初めてという私でも、何とか組めましたけれど。難易度を例えるなら、ランナーから全部のパーツを切り離したガンプラのMGを組み上げるようなものじゃないかと。
 三日がかりで組み上げ、製作時間は四時間くらいでした。ダイヤゲリオンと良い勝負です。
van02.jpg

van03.jpg

van04.jpg
 スカイバスター→アサルト→アタッカーへの三段変形が差し替え無しで可能。スカイバスターは一番上の画像のように、機首へ武器とサポートロボットを取り付けできます。
 肩のランチャーミサイル、すね側面のカバーが開閉。
 パイロットは乗り込めませんが、操縦席風のディティールが設けられているのに拘りを感じます。

 肘や膝に使われているパーツは、リボルテックシリーズみたくクリックが入り、保持力もそこそこあり。しかし、肩などはやや弱めのジョイントパーツが使われており、武器を持たせるには力不足ですね。
 あと、あちこちのパーツがポロポロ外れます。
 胴体のギミックも面白い反面、各形態でロックが掛かったりしないので、遊びにくいです。

 組み替え作品としては確かにハイレベルで、学ぶべき技術の固まりと言っても過言ではないほどですが、ここまでやるなら一つの製品として完成度を上げたものが欲しい、というのが本音ですね。

van05.jpg
 余談ですが河森正治氏のお名前を、ずっと『マサハル』だと思ってました。海外のサイトで『マサジ』と表記してた所もありましたが、日本名って分かりにくいですね、ということひとつ」

謹賀新年

「明けまして、おめでとうございます。今年も前年度並みに、のほほーんとブロックで遊んでいく次第。お付き合い頂きますれば、これ幸いにござります。

 年末年始はいつも通り皆勤賞だったんですが、例年よりも忙しく、正月二日目あたりにはグッタリしてました。まぁ、仕事が増えてきているのは景気回復の兆し、と前向きに受け止めておきましょう。

 今年の抱負も『地盤固め』でひとつ。毎年、そう思う割にはステップアップがほとんど無いのは、堕落に他ならず。精進します」

LEGO EXO-FORCE
「以前から気にはなってたシリーズが、国内でも販売開始されたようで。ディフェンスタンクのデザインが、かなりツボですよ。

 シリーズ数体を集めれば、河森デザインのVAN-FORCEに組みかえられるというのも魅力的ではあります。ただ、作り方がトイザラス限定三体セットに付属のヒント集か、フィギュア王のバックナンバーに頼らなくちゃいけないのがネックですね。値段が値段だけに、悩むなぁ……」

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。